for you & for myself ~あなたのため、そして私自身のための患者会~

活動内容

  • HOME »
  • 活動内容

 ★みゅらりっぷの活動内容をまとめパンフレットにしました。こちらも参照してください。

また、このパンフレットは印刷して、がん患者さんの情報提供のために配布していただくことができます。是非ご利用ください。

※パンフレットは、両面印刷+3つ折り使用になっています。↓

みゅらりっぷ活動内容パンフレット 2017.10.5作成

 

1. 患者会定例会

日時:毎月第2木曜日 9時30分~12時

場所:群馬県太田駅なか文化館 会議室

費用:500円(お茶代)

次回は,

☆6月2日(土)高崎:全がん種類対象「女性のがん患者会」in高崎健康福祉大学女性・妊産婦ケアステーション

 高崎がん女性患者会アザレア

☆6月14日(木)太田:子宮卵巣がん対象「子宮卵巣がん患者会」太田駅なか文化会館です。

 

内容:

1部 わかちあいの時間

「言いっぱなし、聞きっぱなし」にその人が話したいことを話します。辛かったこと、嬉しかったこと、自分もそうだったと思いをわかちあいます。

2部 お茶会の時間

お茶とお菓子をいただきながら、話したいことを話します。

 

・話したい気持ちでない方は、そう伝えていただいて大丈夫です。その場で一緒に過ごしていただけたらと思います。

・途中入室はできません。休憩時間まで、お待ちください。

・初めて参加される方は、メールにてご連絡をお願いします。

※日付変更時は、ホームページでお知らせ致します。 

 

イベント:

H28.8.11(木・祝)は、桐生市「ココトモ」での出張おしゃべりルーム+familyを開催しました。

 

公益財団法人正力厚生会助成事業

H29.6.8(木)は、出張おしゃべりルームin高崎を開催しました!

H29.8.11(金・祝)は、出張オシャベリルームin桐生「がんの親を持つ子どもと子どもを持つがん患者の会」を開催しました。

H29.9.16(土)は、「アロマでリラックスin太田」を開催しました。

H29.11.19(日)は、「リンパ浮腫講習会」を開催しました。

 

 

会のルール:

・商品の販売や政治・宗教活動、男性の参加などは一切お断りさせていただいております。

・継続した参加の必要はありません。

・ニックネームで呼び合っています。がんのことを気兼ねなく話せる雰囲気を大切にするためです。

 

タイムスケジュールみゅらりっぷ

タイムスケジュール高崎女性がん患者会

 

2. COGS.net(コグス・ネット)登録 

(Cancer Of Gynopathy Self-help group Network)

みゅらりっぷは、コグス・ネットの登録をしています。

コグス・ネットとは、全国各地の婦人科がんの団体やグループなどがより良い活動を推進するため、お互いの活動や運営などを情報交換できる『婦人科がんのセルフヘルプグループネットワーク』です。

3. 群馬県がん患者団体登録

みゅらりっぷは、群馬県健康づくり財団による「群馬県がん患者団体」の登録をしています。

年1回の会議と、群馬県内のイベントに参加予定です。

2017.12月~ ピアサポ群馬:スタッフ1名ピアサポーター登録

 

4.  群馬県リレーフォーライフ参加

全世界・全国で開催されているリレーフォーライフ。「命のリレー」とも呼ばれるがん征圧チャリティーイベントです。群馬県ではH25年から開催され、H25.26.27.28とみゅらりっぷは皆勤で参加させていただいています。がん征圧への思いを各チームの旗に託し夜通し歩き続けます。ぜひみなさん遊びに来てください。詳しくは「イベント情報」参照してください。

リレーフォーライフぐんま http://relayforlife.jp/gunma/

 

5.FFJCP参加

全国患者会会議への参加し、日本全国の患者団体との意見交換や、海外の患者会から学びを得ています。

2018FFJCP発表ポスター

 

6.各種取材、掲載


2013年1月 東京新聞

2013年10月 群馬経済新聞

2014年10月 上毛新聞

2015年9月 上毛新聞

2016年8月 桐生タイムス

2017年3月 上毛新聞

2017年3月26日「がんノート」出演 http://gannote.com/news/20170326

2017年6月 読売新聞、上毛新聞

2017年8月 読売新聞、桐生タイムス、上毛新聞

2017年11月18日東京テレビ「生きるを伝える」http://www.tv-tokyo.co.jp/ikiru/movie450.html

2017年11月28日上毛新聞第26期オピニオン委員」原稿執筆

第1回:がんを告知されて「誰かのため」つなぐ命 https://www.jomo-news.co.jp/feature/shiten/18068

第2回:「待つ」ことの意味 周囲への感謝をつなぐ https://www.jomo-news.co.jp/feature/shiten/27946

第3回:患者中心の医療 価値観探し向き合う https://www.jomo-news.co.jp/feature/shiten/37784

 

 

7. 看護研究協力

ボランティア看護師さんの看護研究協力を行っています。

 

・研究内容によっては、お受けできないこともあります。

・参加の是非は、患者各自の判断になります。

 

8. 患者体験講義

みゅらりっぷの意志に賛同され、ご協力をいただいた団体さまへの感謝として、患者としての体験や思い、感じたことをお伝えします。病院・病棟内、関連企業の教育の一環にご利用ください。

 

 

 

 

 

 


PAGETOP
Copyright © 子宮・卵巣がん患者会 みゅらりっぷ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.