for you & for myself ~あなたのため、そして私自身のための患者会~

おすすめ本

  • HOME »
  • おすすめ本

おすすめベスト10を挙げてみました。

1.『グローバル・マザー』著)河村裕美

商品の詳細

みゅらりっぷのお姉さん患者会『認定NPO法人オレンジティ』の理事長河村裕美さんの著書です。
今や日本を代表する患者会の設立までの思いがこめられた1冊です。

 

2.『負けるもんか』著)川合真紀

商品の詳細
骨髄移植、がん治療、不妊治療と様々な困難が双子の姉妹を襲います。そんな中、お互いに励まし合い、
支え合いながら乗り越えていく姿に勇気がもらえる1冊です。みゅらりっぷスタッフの姉妹の著書です。

3.『一凛~あなたの母になるまで』著)まんだ林檎 原作)川合真紀

 「負けるもんか」の漫画文庫です。

 

4『.私もがんでした』

商品の詳細

著名人達もそれぞれに様々な思いを感じながら、がん治療をしてきたことがわかる1冊。

『認定NPO法人オレンジティ』の理事長河村裕美さんのお話も掲載されています。

5.『再発したら読む本』

商品の詳細

「再発」は一度がんになった方は、誰でも心配になることだと思います。この本を読むと、「そんなに力入れてなくていいんだな~」と思える1冊です。

6.『がんサポート』

商品の詳細

がん患者がわかりやすく最新の医療情報を得られる本です。毎回色々ながんを科学的根拠に基づいて詳細に説明してくれています。病院図書館があるところには、結構置いてある本です。

7.『子宮がん全書』

商品の詳細

色々な子宮がんや卵巣がんの本を読みましたが、この本が一番読みやすく書かれていると思います。

稀少ガンについても詳細に載っています。

 

8.『がん哲学外来』

商品の詳細

この本には、治療に行き詰ったときに出会いました。「なんで私ががんになったんだろう?」「なんでがんになる必要があったんだろう?」など答えのない疑問に寄り添ってくれる1冊です。

9.『言葉で治療する』

商品の詳細

「言葉」ってとても大切です。人に勇気をくれたり、またはそれを奪ったり・・。がん治療にかかせないパートナーである医療者との言葉のやりとりについて、お互いに救われる1冊です。

10.『サイモントン療法』

商品の詳細

がん治療の中で聞いたことのない「○○療法」って聞くとなんかあやしいイメージがありますよね。私も「あやしいな~」と思って手にした1冊でしたが、目からうろこの1冊となりました。がん患者の答えのない問いかけに寄り添ってくれる1冊です。日本大学医学部板橋病院にて無料の患者会も行っています。http://simontonjapan.com/


PAGETOP
Copyright © 子宮・卵巣がん患者会 みゅらりっぷ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.